過去問の重要性

これまで繰り返し、しつこいほど主張してきたことですが・・・。

とにかく『過去問の演習』です。

資格試験は、本当に同じ傾向の問題が出題されます。
それは、当然のことです。

問題に対する解答。当たり前のことですが、誰もが納得するものでなくてはなりません。
これは出題者の宿命です。

受験者や予備校等からの異議申立がないことが前提なのです。
とはいえ、一定の難易度は維持する必要があります。

であれば、どうしても過去に出題し、異議申立が発生しなかった問題を微調整し出題する。
そうなってしまうのだと思います。私も(資格試験ではありませんが)問題作成に携わったことがあるので良くわかります。

だからこそ、過去問の演習は欠かせないのです!

また、もうひとつの効能としては、試験本番における精神状態があります。
見慣れた問題、出題パターーンを見れば、自然と心が安定します。限られた時間内でパニック状態に陥ることは絶対に避けなければなりません。

とにかく過去問です。これは鉄則中の鉄則です。




年金のご相談はこちら



ブログ村

人気ブログ